●小規模企業共済制度   ●中小企業倒産防止共済制度   ●中小企業退職金共済制度


小規模企業共済
事業主が事業をやめたり、役員を退職した場合の生活安定を図るためにつくられた制度。
事業主の退職金制度です。掛金は全額所得税控除。
毎月の掛金 1,000円から500円きざみで、70,000円まで。加入後増減ができます。
(ただし、減額する場合は一定の要件が必要です)
加入できる方 1. 常時使用する従業員が、20人(商業・サービス業は5人)以下の
個人事業主と会社の役員の方。
2. ひとりあるいは家族で事業を営んでいる方。
3. 自由業の方。

中小企業倒産防止共済
中小企業の連鎖倒産を未然に防ぐため、あらかじめ掛金を積み立て、万一取引先が倒産し売掛金・受取手形の回収が困難となった場合、共済金の貸付(最高3,200万円)が受けられる制度です。
無担保・無保証人・無利子です。
毎月の掛金 5,000円から80,000円まで
加入できる方 中小企業者で、事業を1年以上行っている方。

中小企業退職金共済制度
従業員に対し、退職金制度を持つことが困難な中小企業に、国の援助で大企業並みの退職金が支払える制度です。
従業員のための福利厚生施設を作るときに必要な資金の融資が受けられます。
毎月の掛金 5,000円から30,000円までの16種類
加入できる方 1. 一般業種は、常用従業員数300人以下または資本金・出資金1億円以下。
2. 卸売業は、常用従業員数100人以下または資本金・出資金3千万円以下。
3. 小売・サービス業は、常用従業員数50人以下または資本金・出資金1千万円以下。

詳しい内容は、東海村商工会までお問い合わせ下さい。